spacer
spacer 新宿パークタワー SHINJUKU PARK TOWER お問い合わせ アクセス spacer
spacer
新宿パークタワーのECO
新宿パークタワー(所有・運営:東京ガス都市開発株式会社)では、竣工以来「環境配慮型のビル」として、
環境負荷低減に向けたエネルギー使用量削減やゴミの分別収集・再資源化などの活動に、積極的に取り組んでいます。
spacer
新宿パークタワー概要
spacer
建築概要
spacer
ブランディング
spacer
新宿パークタワーのECO
spacer
SPT ECO Field 新宿パークタワーを地球にやさしいビルに。
  • 環境対策
  • オフィスでできるエコ
  • ISO14001
  • 環境活動データ
  • エコラム
  • エコアクション

ISO14001認証取得

新宿パークタワーでは、竣工以来「環境配慮型のビル」として、環境負荷低減に向けたエネルギー使用量削減やゴミの分別収集・再資源化などの活動に、積極的に取り組んでいます。

2002年11月1日 新宿パークタワー(ホテル部分を除く)におけるビル事業活動において、環境管理システムの国際規格ISO14001の認証を取得
2010年4月26日 審査機関を一般財団法人日本ガス機器検査協会へ変更、登録移転
2011年8月2日 一般財団法人日本ガス機器検査協会(JIA-QAセンター)より「更新審査」を受けました
2011年11月1日 一般財団法人日本ガス機器検査協会(JIA-QAセンター)より「登録」を受けました。
2014年7月10日 一般財団法人日本ガス機器検査協会(JIA-QAセンター)より「更新審査」を受けました。
2014年11月1日 一般財団法人日本ガス機器検査協会(JIA-QAセンター)より「登録」を受けました。
イメージ

【ISO14001とは】
1996年に発行されたISO14001は、組織(企業)活動、製品及びサービスによって生じる環境負荷の低減といった、環境パフォーマンスの改善を実施する仕組みが継続的に運用されるシステム(環境マネジメントシステム)を構築するために要求される規格です。5年毎の見直し原則が適用され、現在の最新版は、2004年12月に制定された、ISO14001:2004になっています。ISO14001の認証取得は、企業や地方自治体など大幅に増加しています。新宿パークタワーの所有・運営者である東京ガス都市開発では、ISO活動として、環境実施プログラム(EMP)の実施や、審査対応、業務従事者への教育などを行っています。

イメージ

【環境実施プログラム】
新宿パークタワーではさまざまな環境実施プログラムに取り組んでいます。その中には、ご入居者様と一緒に実施しているものもあります。

ごみの徹底分別回収
環境に関する意識向上(ご入居者様への省エネ啓蒙活動の実施)
地域との共生(年間を通じてのボランティア活動の実施及び地元行事への積極的な参加)
ご入居者様への防災意識・被災時における人命安全確保の意識啓蒙
ページのトップへ

新宿パークタワーの環境方針

かけがえのない地球を大切にする精神で・・・
私たちは環境活動にひとりひとりが取り組みます・・・
より環境にやさしい新宿パークタワーを実現するために・・・

イメージ

【環境理念】
新宿パークタワーを所有・運営する東京ガス都市開発(株)の企業シンボルのアトモスマークに示される自然と命を育むかけがえのない地球を大切にするという精神で環境活動に社員一人ひとりが取り組みます。そしてより環境にやさしい新宿パークタワーを実現します。

イメージ

【環境方針】
ビル賃貸業を主要事業とする当社は、その核となる新宿パークタワーの管理・運営において環境に与える影響と環境に貢献できる行動を確実に把握理解し、その実践を目的とする環境マネジメント活動にISO関連部署の役員・従業員全員で継続的に取り組み、環境汚染の予防に努めます。
その主要環境方針は次のとおりです。

1. 関係する環境法令、規則、条例などを確実に遵守する。
2. 電気、ガスならびに地域冷暖房の冷水、蒸気など貴重なエネルギーの効率的使用を図る。
3. 中水製造設備の運転やコージェネレーション電力の使用により資源の有効活用を促進し環境汚染防止に努める。
4. 廃棄物の削減と分別回収、リサイクルをテナントの理解を得ながら推進する。
5. 諸工事において環境負荷の軽減に配慮する。
6. 事務用品、特にコピー用紙の使用量削減に取り組む。
7. 教育、コミュニケーションでISO関連部署の役員・従業員の環境に対する意識の高揚を図る。
8. 近隣および新宿パークタワー周辺等の清掃活動等地域との共生を図る。
9. 災害・事故の発生に備えるとともに、発生時には人命・財産の保護・保全、環境への影響の最小化に努める。
10. 環境マネジメントの運営体制と責任の所在を明確化する一方、経営者による見直しと内部監査を定期的に行うことにより環境マネジメント活動を実効あるものとする。

平成26年4月1日
東京ガス都市開発株式会社
最高責任者
常務取締役 島村利則

ページのトップへ
spacer
line
spacer
spacer
東京ガス都市開発株式会社 Copyright Tokyo Gas Urban Development All Right Reserved.
spacer
新宿パークタワー概要建築概要 eco spacer サイトマップ
spacer
spacer